2013年08月18日

ムクナ豆 副作用

お医者さんでは、医薬品の飲み合わせについては検討されているようで、摂取量には十分様子をみる必要がありそうです。 L−ドーパと同じ様に、低血圧や頭痛等の反応がでるケースも存在ようですが、1日6〜9粒という制限を守っているケースでは今のところ問題はないような情報です。
摂取量と飲み合わせは気をつけたいところですね。

L-ドーパを素にして体内で作られるドーパミンは、「神経伝達物質」と呼ばれ、心や体の健康をつかさどるとても重要な役割を担います。脳内で活動を行う物質です。

ほめられなくても、ほめられた記憶で ドーパミンが作用し、やる気が出てくるなどと言う作用があります。 ちょくちょく、人はほめて 伸ばすといいますが、それはドーパミンの効果が出ているのです。
主婦の友の雑誌「健康6月号」にムクナ豆が紹介されました。私も1年のんでいますが、やる気が出ない方にとてもおすすめします。


無添加のムクナ豆(八升豆)専門通販【たっぷく本舗】



【関連する記事】
posted by ムクナ at 08:14| Comment(0) | ムクナ豆 副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。